会計システムの比較サイト

人気の会計システムランキングTOP5

ZeeM

  • 会計に関する各菅理の強化をシステムでサポート
  • 効率化できるうえにミスも減らすことのできるシステム
  • 必要な社員にスムーズに導入できるやさしい操作性

経理と人事の業務での課題を解決に導く

ZeeMを開発している株式会社クレオは、業務を効率化させるシステムなどを開発しています。人事給与や社会保険などに特化したシステムもあります。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

ZeeMに対するみんなの口コミ

  • 今回、事務員からの要望により会計システムを導入することになりました。新しく社員を増やすかシステムを導入するかで迷ったのですが、システムを選びました。導入して数か月、会計システムはなくてはならないものになりました。会計システム...

  • 会計システムを導入してから入力ミスを減らすことができ、時間の節約ができていることを実感しています。このサポート機能に触れたときは感動しました。コストがかかることであり、システムを最大限活かせるか不安でしたが、今は管理などさま...

  • ZeeMを導入してから、会計に関する管理業務の効率化が実現しました。人手不足を感じていてどうしようかと思っていましたが、システムの導入を決めて良かったです。操作も難しくなく、少しの教育で社員みんなが活用できるようになりました...

SCSK

  • データ更新をリアルタイムで行う事で複雑な取引にも対応
  • 快適な使いやすさにこだわった会計管理ソフト
  • 豊富な導入実績が業界屈指と言える高い信頼性を証明

複雑化した会社の会計事情を一括サポート

多くの会計管理サポートサービスが存在する中、非常に実績豊かで利用者に優しい管理サービスを提供しているのがSCSKです。使いやすい専用ソフトなど、あらゆる会計業務に対応できる優良業者なのです。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

SCSKに対するみんなの口コミ

  • こちらの会計管理システムを導入させてもらったところ、今まで会社における無駄な経費などが明るみとなりました。忙しくてなかなか環境改善もままならなかったのですが、管理のプロによるサポートのおかげで、非常に効果的な経費節約プランを...

  • こういった企業向けの会計システム、今まで興味はあったものの、今いち手を出すきっかけがありませんでした。でも友人の事業主からオススメされた事もあり、今回自社に思い切って導入する事にしてみました。実際かなり使いやすく、特にお金周...

  • ソフトの使い方などで分からない部分があっても、カスタマーサポートがしっかりしているので安心です。丁寧な説明で使い方を教えてくれるので、私のような会計ソフト初心者でも問題無く会社の経営を切り盛りする事ができていますよ。本当に役...

オービック

  • 会社経営をスマートに最適化する新しい会計情報システム
  • 効果的な人材情報システムで組織の元気を上げる
  • 業種を選ばない汎用性の高い総合業務システム

会社の足場を整理してくれる便利ソフト

会社のお金や人事を管理するのに困ってしまったら、オービックの総合業務管理システムを使ってみるのがオススメです。業種を選ばない使いやすさは、一定以上の管理環境改善に高い効果を発揮してくれます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

オービックに対するみんなの口コミ

  • いつの間にか会社規模が大きくなってしまったので、今回初めての会計管理ソフトを使ってみました。非常に幅広く会社の業務全般を最適化してくれるので、混乱しそうだった人事に関してもかなりスマートな情報整理を実現する事ができましたよ。...

  • こういったサービスは初めてだったのでいくらくらいかかるか不安でしたが、非常にお手頃料金だったので助かりました。導入してみて分かるのですが、いかに今まで会社の会計管理状況がいいかげんだったのかを確認する事ができます。少しでも資...

  • 専門ソフトやシステム的なサポートだけでなく、会社経営を上手く行うための各種セミナー情報もこちらの業者さんは開催しています。参加して非常に為になる内容で、会計ソフトの上手な使い方も同時に学ぶ事ができました。こういった取り組みも...

電通国際情報サービス

電通国際情報サービス

より効率的な会社経営をバックアップ

幅広い会社企業をサポートしてきた電通国際情報サービスの会計システムは、会社における無駄な要素を専用ソフトで簡単にあぶり出す事ができるのです。お金や時間を上手に節約するための最新ノウハウです。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

スーパーストリーム

スーパーストリーム

快適な会社環境を作る多機能管理システム

スーパーストリームの優れた会計管理システムは、特に忙しい中小企業に適しています。手間のかかる各種書類作成も簡略化されるので非常にオススメと言えるでしょう。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

会計システムの管理の基礎知識

見つめる男性

管理会計とは?

みなさんは【管理会計】と言う言葉をご存知でしょうか?管理会計とは制度会計とは異なっており、経営者がマネジメントを行う際に必要となる、会計システムを行う際の管理の事を言います。これには経営を活かす目的があります。この管理会計は必ず必要なものではありませんが、多くの中小企業では管理会計制度を導入しています。 管理会計は主に、経営者が会社の業績、または業績の評価を得る為とされています。社内の業務データを集計し、経営に必要な会計管理を行う為です。例えば、各取引先での利益率を集計し、業績評価を決めます。取引先ごとに売上や売上の原価などを、会計管理のデータから必要な数字を出していきます。そして、その数字の集計を行い、集計のデータに基づいた仕組みを蓄積しています。 会計システムには管理を行うルールなどは特になく、企業が独自にルールを決め策定する事ができます。売り上げデータの金額だけではなく、個数や人数などの【数字】でしたら、全て管理会計の対象となります。管理会計には、期間に制約なども無く、今行っているプロジェクトが終わり次第評価をする事や、1か月、半年ごとの評価などひとつの期間を会社で決める事が出来るのです。管理会計システムは企業の成長や発展をしていく上で、とても重要なものと言えるでしょう。

パソコンを操作する手

管理会計システムの基本機能とは?

会計システムなどの管理は役員、あるいは経営者や部門の責任者など、内部のステークホルダーに対して提示される会計状況の事を表します。企業の経営者や責任者などが現状の管理会計を明確に把握する事から始まります。会社の経営方針を将来的にどうして行きたいのかを考え、企業の目的や戦略などを決定するために必要不可欠なのが【会計システムの管理】なのです。 この会計管理システムの基本的な機能ですが、まず様々な分析などから会計情報の管理を行う事です。商品別やプロジェクト別、部門、期間別、地域別など様々なデータの設定を行い、会計情報を得ます。データの設定を行う事によって多種多様の会計状況を分析する事が可能になります。さらに、予算管理と予実帳票を実行する事で、データに基づいた予算を的確に降り分ける事が出来ます。これは経営戦略を行う上で、とても重要なシステムとなるでしょう。 また、未来の情報を得る為に、シミュレーションを行う事も大切です。過去のデータからシミュレーションを行い今後の経営の戦略を考えやすくなります。もちろんシミュレーションなので、確実に当たるわけではありませんが新たな戦略を生み出す事が出来るでしょう。経営を行う上での会計管理は企業によって、ルールが異なります。自社に合った会計システムの管理を構築していく事が重要になります。

スーツの男性

管理会計システムを導入するメリット

現代では、大手企業だけではなく、中小企業にも定着している【会計システム】ですが、この管理会計を導入するメリットとは、どのようなものなのでしょうか?管理会計システムのメリットについて説明していきます。 会計システムでは管理を行ううえで、【未来に向けた戦略】の情報を得る事が出来ます。まず、現状のそれぞれの部門別での損益が分かる事で、どの部門で赤字が出ているのか、また、どの部門が黒字なのか、を把握していなければ原因不明のまま赤字の状態を放置してしまい、知らないうちに事業の危機状態に陥ってしまいます。このような危険な状況にならない為にも、中小企業にも管理会計システムを導入する事が望まれているのです。 しかし会計システムは手間のかかるシステムである事はご存知でしょうか?データの収集だけでも、かなりの時間がかかります。負担が大きいのに必要とされるのは、それだけ経営を行っていく上での会計管理が重要になってくるためです。管理会計システムは全ての企業に浸透していないのが現状ですが、ニーズが多様化している今、日々ビジネスは変化しています。このシステムを導入することによって業務の目的を明確にし、作業を行っている人、みんなで日々のモチベーションを上げる事で未来の経営に繋がるのです。

パソコンを操作する女性

管理会計システムの未来

今や経営に必要不可欠な【管理会計システム】ですが、現状の管理会計システムは、部門別や目的別、人数別など、さまざまなジャンル分けでデータを登録する事が可能あり、登録された複数の予算データを実績のデータと比較し確認することができます。この管理を行う事でセグメント予算の管理が簡単に出す事が出来ます。管理会計システムの導入でさまざまなメリットも多くなりますが、これからは未来の【経営システム管理】を行っていく事も重要になります。 現状、データの管理に便利な管理会計システムは将来的にさまざまな【パフォーマンス】を生み出す事が期待されています。 まず【製品の価格】です。経営では投資や運営にさまざまなコストがかかって来ますがクラウド化をする事やコモディティ化を行う事によって、現状に比べ、より高機能なセキュリティ品質が期待されるでしょう。ネットワーク環境がより高速化されれば近い将来にも安価で高性能な製品が登場するかもしれません。 また、テクノロジーの進化が期待される事です。テクノロジーの進化によって、ハードウェアの性能が上がる上に安価ともなれば、管理会計を利用しやすくなりますし、より大量のデータを扱える事で、将来リアルタイムでの管理会計が可能になるかもしれません。 近い将来?かはわかりませんが、経営に必要な会計管理を便利に行う事が出来る時代が来るでしょう。

会計システムの管理のコラム

会計システムの管理ランキング

TOP